CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
おきてがみ ケンとメリーの不動産売
却相談室 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 震災から | main | 岩手県大槌町に持ち込みました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
岩手県大槌町に行ってきました。
JUGEMテーマ:地域/ローカル
簡単に「復興」などといえません。

昨日、縁あって岩手県大槌町まで行ってきました。

水戸から約10時間の里程です。

向かった目的の一つは、同乗者の両親、肉親との面会です。

電話では話したけれど、どうしても顔を見たい。

そんな思いを叶える為に向かいました。

もう一つの目的は「物資を届ける」ことでした。

イエステーションの仲間から頂いた様々な物資で我々も助かりました。

次は我々よりも、もっと必要な方々へバトンを渡す思いで、届ける事にしました。

今回、一番求められていた物の一つに「ガソリン」がありました。

一昨日までは水戸でも夜になると給油は困難でした。

ガソリンと発電機そして投光器、寝具、着替え、食べ物、衛生用品、積めるだけ積んで

いざ、岩手へ向かいました。

日曜日とあって様々な地域のナンバープレートを付けた車が、東北自動車道を北上していきます。

サービスエリアでは給油渋滞です。2000円分を給油して頂けます。

我々も最初のSAでガソリンを給油しました。この給油が結果的には重要でした。

その後、給油できるガソリンスタンドは皆無でした。

高速道路を下り、花巻空港そして遠野そして釜石と入って行きます。

釜石駅からは言葉がでませんでした。

この街並みで育った人たち、生活をしていた人たちは、この先は何を目標にすれば

いいのだろうか?目を開けられない光景です。

そのまま、進んでくと景色はもっと残酷になって行きます。

津波が全ての色を無くしてしまった。

何もかも奪ってしまった。

大槌高校では最大で1000人を超える避難者で溢れていたそうです。

大槌高校の先生方も被災者ですが、自宅に戻る事無く町民のお世話で

明け暮れています。

高校生に支えられて、避難所は成り立っています。

大槌高校では震災の当日は「卒業式」だったそうです。

今でも6名の安否が不明です。

大槌高校は高台にありますが、その直ぐ下まで津波が襲って来たのです。

大槌高校避難所には海外のメディアも訪れ、報道しているそうです。

NHKは当然ながら、ABC・BBC・KBCなども取材に来ています。

しかし、ガソリンは届いていません。

灯油も持たせているのが現状だそうです。

大槌にはもう、何もありません。ガソリンスタンドすらありません。

大槌からガソリンスタンドまで30分以上車ではしっていかなければ無いのです。

そのスタンドでも「品切れ」の看板を掲げ、休業中です。

何故、一番困っている所に物が届かないのか?

自衛隊の皆様が道路を開通させ、人の行き来を支えています。

大槌町にも今日から自衛隊が来てくれる!と期待していました。

避難所の中にはコーディネーターが存在し、規律をもって避難生活をしている所以外に

私的避難所では、寄り合い所帯の延長線も存在する。

当然ながら2週間以上も救援の手が届かない地域、大槌町の様に役場も消防も壊滅した

地域では、何を希望として明日を迎えるのか?

昭和7年生まれの方が、何もかも失った。元漁師だけど海が怖い。

昭和10年生まれのおばあちゃんが、津波が空と一緒になる位に高く迫って来た。

耳からは何もかもを奪ってく凄まじい音が何時までも鳴り響き

町中が燃え、焦げ付く臭いが何日も鼻に刺さる。

想像を絶する光景と音と臭いそして寒さが皆さんを苦しめています。

どこから手をつければ良いのか?

何が優先順位が優先なのか?

明日は来るのか?

そんな状況を目の当たりにした今、被災し復興するぞ!と言う言葉を

軽々しく使うのを控えたい。

復興とは津波によって全てを失った地域、街、学校、企業、家族、人々が

使う言葉だと思います。

沢山稼いで、沢山の税金を納めることが今後、必要だと思いました。

街があり、学校も会社の家族も僕にはある。

夜が明けない朝は無いから・・・・・



 
| 独り言 | 21:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:27 | - | - | pookmark |
コメント
涙が出ます。
でも 涙を流せるって
それだけ 余裕があるってことかも・・・
もっと言えば 
自分のことじゃないからかも知れない。

当事者にしてみたら
そんな 余裕も 感情も
なくなるのかもしれない。

本当に言葉が出ません。

ご苦労様でした。
  
| t.aoki | 2011/03/29 11:50 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudousanmito.jugem.jp/trackback/1287
トラックバック