CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
おきてがみ ケンとメリーの不動産売
却相談室 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 筑波山神社の紅葉 | main | 創立記念日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
自宅が競売に!!
JUGEMテーマ:日記・一般
 
今年になっての売却理由で「差押」のよる、不動産売却依頼が増えています。

特に自営業者を営む方々は、震災以降の業績不振による、収入の減少

あるいは、案件の中止、取引先の倒産など、様々な理由によるものです。

特に住宅ローンについては、差押になる前に「期限の利益を喪失」された事に

気付く(意味を理解されていない方が多い)事なく、粛々と手続きが進行して行きます。

期限の利益を喪失した後、代位弁済によって保証会社に債権が移り、一括弁済を

迫られる事もあります。

相談内容で一番多いのは、今の自分達がどの様な立ち位置に立っているのかを

知りたがっています。

そうなってとしても、当然ながら「喪失した期限の利益」が元に戻る事も、差押が

解除される事もありません。

今、手持ちの原資をどの様に振り分け、今後の生活に役立てるかを知って頂く事が

大切なのです。

相談者に必ずお伺いする事は、「健康保険証」の事です。自営業者は国民健康保険に

加入している場合が多数です。資金繰りに困難を極めている時に、最初に延滞するのは

税金の類です。

生活して行く上で、「保険証」の果たす役割が大きいので、必ず確認をしています。

破産手続き、民事再生などの法的手段もありますが、法的手段だけでは、その後の

生活は保障されません。

債権が滅失しても、住居、健康、生活費そして職場が無くては、再生の道は取れません。

公的相談窓口でも、法的手続きを教えて頂いても、明日のパンが無ければ何もなりません。

職場からの離脱、多重債務、住宅ローンの延滞が始まったら、誰かに相談してみて下さい。

身近な人がいない場合は、不動産会社に電話で相談するのも、一つの手段です。

意外かもしれませんが、多くの不動産会社の人たちは「おせっかい」で親切ですよ。

弊社以外にも、沢山の不動産会社が水戸にはあります。

電話でも結構ですから、相談してみてください。

一応、弊社の電話番号は

029-246-0366です。
| 独り言 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudousanmito.jugem.jp/trackback/1445
トラックバック